何回くらいで改善しますか?

たまに、このようなお問合せをいただきます。

そのような疑問が浮かんでくるのは自然なことです。1日もはやく治りたいし、治るまでいくらくらい必要なのか?見通しを知りたくなるものです。

ざっくりとお答えします。

  • 「急になった」ものは短い期間で改善することが多い
  • 「長年わずらっている」ものは長い期間が必要

「短いとか長いとかって、どのくらい?」と言う疑問がわくでしょうね。残念ながら答えはありせん。

.

「なぜ答えられない?」 その理由を知りたい方はこの続きをお読みください。

 

あなたが、もし電話で、次のような質問を受けたらどう答えますか?

「今食べている鍋が辛くて困っているのですが、どのくらい甘さを足せばいいですか?」

答えづらくないですか?

そもそも「どのくらい辛いのか?」がわからないのですから、無理もないでしょう。

別の例えで言うと、、、

目的地が分かっていても、現在地が分からなければ目的地に着くまでの時間は分からないのです。

お体も同じで、どれほどつらいか、どんないきさつで悪くなったかをご説明いただいても、実際に検査させていただいて、今のお体の状態を把握しないことには、答えようがないのです。どうかご理解ください。