何回くらいで改善しますか?

  • たまに、このようなお問合せをいただきます。

そのような疑問が浮かんでくるのは自然なことです。1日もはやく治りたいし、治るまでいくらくらい必要なのか?見通しを知りたくなるものです。

「改善感」であれば、早い人は初回から感じていただけますが、期待されているのはおそらく「ガマンできる程度に痛みが引くまでにはどれくらいかかるか?」の答えでしょう。

単刀直入に言えば「答えようがありません」。ガマンできるラインや、痛みの感じ方、評価の仕方に個人差があるからです。

ですが、予備知識として持っておいて損はないので、ざっくりとお答えしておきますね。

  • 「急になった場合」は短い期間で改善することが多い
  • 「長年にわたり積み上がった場合」には長い期間が必要になる場合が多い

「長年にわたり積み上がった」というのは、自覚症状の長さではありません。自覚症状が出る前に、原因が積み上がっているだけの期間があります。その期間を指しています。

まとめると、図のようなパターン(傾向)にわかれます。

 

004DE0FE-1F01-4678-8172-A3A045407B5B

あなたが、もし電話で、次のような質問を受けたらどう答えますか?

「今食べている鍋が辛くて困っているのですが、どのくらい甘さを足せば良くなりますか?」

答えにくくないですか?

答えにくいのはなぜでしょう?

それは現状が分からないからです。そもそも「どのくらい辛いのか?」がわからないのですから判断できません。

お体も同じで、どれほどつらいか、どんないきさつで悪くなったかをご説明いただいてもおなじです。

実際に検査させていただいて、今のお体の状態を把握してはじめて見通しが立つのです。

ごく一般的に言えば、

  • 痛みよりしびれの方が、かなり長い期間が必要
  • ほとんどの場合、自覚症状が始まるよりずっと前から悪くなっている
  • 痛みとりは短期間でできますが、すぐぶり返すので、「整体を受けてもその場だけしか効果ない」となってしまう
  • ぶり返さないためには根本的な解決が必要で、そのためには自己治癒力を上げる期間が必要になる

などがあります。