各種セミナーのお知らせ

  1. 「足もみスキャン」basic講座
  2. 「DRT(5分間 背骨ゆらし)」勉強会
  3. 治療家になる「起業サポート」
  4. 繁盛治療院になるための「経営サポート」

「足もみスキャン」basic講座

お客さまに検査結果を伝えているときに、

「頭痛って、頭のこの辺で起こりませんか?」とか、

「お腹のこの辺が痛くなったりしませんか?」と確認すると、

たいていの方は、「何で分かったんですか⁉️

と驚かれます。

驚くのには理由があって、頭や首や腹を触ったりしていないのに、症状がどこで起こっるのかを当ててしまうからです。

.

筋肉などの軟部組織なら、病院でも分からないので、徒手検査して的確に手技を用いれば、病院でも治らないものが、自己治癒力が十分に発揮され、もとの健康な状態にもどります。

では、頭の中の検査、更年期障害の検査、婦人科系の検査はどうしますか?

お客さまの主観でなく、客観的に評価する術があればいいと思いませんか?

じつは、、、

「脳や内臓でも サクッと検査し、状態を知る」方法があるのです。

「足もみスキャン(商標申請中)という方法が。

「足もみスキャン」で得られるものとは?

  • どんな症状でも決まった手順でサッと調べられるようになる
  • 検査結果に納得していただきやすくなる
  • 対象部位に触れることなく、不調箇所を言い当てるので信頼してもらえる
  • 体内の変化を体感してもらえる
  • 内臓・脳・神経・リンパ・ホルモン系統の不調まで判断できる
  • 整体に組合せれば対応症状がドカンと増える
  • とはいえかんたんな技術でもないので、他院にかんたんには追いつかれない

次のような方にぴったりです。

【1】整体師さん

  1. 全身や局部(脳・内臓・ホルモン・神経・骨・筋肉など) の状態を、数秒でサッとつかみたい
  2. どんな症状でも、同じ1つの手順で、しかも細かく正確に検査したい
  3. 聞いたことのない症状でも、自信をもって検査・施術したい
  4. 今使っている手技とシームレスにつながる検査法やテクニックがほしい
  5. 一時的な変化でなく、健康を保てるようサポートしたい
  6. 難治症の方にも希望を差し伸べたい

【2】独立開業したい方

整体技術のない方でも、「足もみ」なら始めやすいです。

  1. 初期投資少なくてすむ
  2. 場所取らない、とらわれない
  3. 副作用心配がいらない

1. 初期投資が少なくてすむのは、

  • 全身のほぼあらゆる不調に対応できるのに、一つの講座を受講するだけですむ
  • 道具が少なくてすむ

.

2. 場所を取らない、場所にとらわれない

  • 施術室がいらない
  • 気軽に出張できる(折りたたみベッドなどいらない。バッグ1つでOK)
  • どこでもできる(被災地でも、クリームさえあれば)

3. 副作用の心配がいらない

  • 足は体のなかで一番頑丈にできています。一生の間、体を支え続けてくれる部位です。
  • 脳が介在するので、反射区を正しく圧すことさえできれば大丈夫です。

.

私が今までに受講した技術セミナーの中でこの手技が最もコスパ高く、受講料の100倍ほど売上ました。

スキャン性能のヒミツ

高いスキャン性能のヒミツは、指腹で押圧することにあります。

棒でゴリゴリやっても、気持ちよくなで回しても、反射区からのフィードバックは読み取れません。

私たちの体の中で、触覚がもっとも敏感な指腹を用いるからこそ、反射区からのフィードバックを感知し、どの部位に変調があるかを正確に絞り込めるのです。

反射区を正しく押圧するのは難しい?

かんたんには追いつかれない、マネされないテクニックということは、かんたんにはマスターできない、ということでもあります。

そもそも、プロの整体師でも、ふだんから足を触り慣れている方は少ないですし、なおさらです。

ただ、いちど身につけてさえしまえば、

目をつぶっていてもバッチリとらえることができるようになります。

そうなっていただくために

  1. 超少人数制による手ほどき
  2. zoomによるフォロー体制

を行なっています。

キチンと結果を出していただきたいので、しっかりサポートしていきます。どうぞご安心ください。

実際に足もみスキャンを使い始めて出てくる疑問など、遠慮なくお尋ねください。

いちど受講していただければ、あとはzoomでもかなりのことをお伝えできます。

本・DVD・通信講座で学べないのか?

足の反射区について解説された本やDVD、通信講座が格安で提供されています。

趣味で行うなら、それもありでしょう。

しかし、プロが現場で使えるようにはなれません。

なぜなら、、、

  • 反射区は3Dだからです

当協会の受講生の皆さんが反射区のとらえ方を録画しようとしないのは、それが役立たないのを感じるからです。そこまで大ざっぱなものではありません。

講座では分かりやすく説明しますので、はっきりと理解していただけます。

どうぞご安心ください。

反射区を正しく押圧するには?

  1. 反射区を正確にとらえる
  2. 反射区に適圧を加える

↑ この2つをマスターする必要があります。

どうすればマスターできるのか?

私がじかに手ほどきいたします。

その結果、反射区を正しく圧すことができるようになります。

15年前、私はそのようにして学び、反射区をとらえることができるようになりました。

この足もみを拓いた直江敏男先生から、じかに手ほどきしていただいたのです。

超少人数制の講座です

師匠が私に手ほどきしてくださったように、

私がお一人お一人じかに手ほどきいたします。

そのため、1日の受講者数は2名限定

めちゃくちゃ効率悪いけれど、これだけはこだわります。これでなければ反射区を正しく押圧できるようにはならないからです。

きっちり、しっかり伝授いたします。

フォロー体制

① セミナー参加者限定FBグループ

 (内容)Q&A、お役立ち情報の提供

zoomフォローアップ(Q&A)

 (内容) 質問に、その場で答えをもらえます。

③ 実技手合わせ

 (内容)フィードバックやアドバイスにより、正確なスキャン技術を身につけられます。

全力でサポートしますので、

どうぞご安心ください!

以前、足つぼが爆発的なブームになった時期もあります。経験のある方でも、経験ゼロの方でも、この教室で楽しくしっかりマスターできます。

私が教える「足もみ」は道具を使いません。手だけで行います。しかも、関節を使いません(理由はセミナー参加者にご説明します)。ゴリゴリしないので、「気持ちいい」と言われながら、健康をサポートできる貴重なスキルなのです。

  • 家族がぎっくり腰になったとき、その場で治してあげられたらいいと思いませんか?
  • 頭痛がはじまったら、楽にさせてあげられたらいいと思いませんか?
  • かぜひきかけの時に、すっきり楽にさせてあげたいと思いませんか?
  • パニック発作を収めることができたら嬉しくないですか?

本物の「足もみ」というのは強力です。上記は、すでに結果が出ている症状の一例にすぎません。あなたもそれを身に着けることができるのです。

「足もみ」はプロを目指すことができます。週末だけ、あるいは好きな時間にプロとして活躍する道もひらかれるのです。

まずは、この教室についてお問い合わせください。この教室で学んだことを、ぜひご家族にしてあげてください。そのようにして経験を積むことができます。その結果、どんどん上達できるでしょう。

 

DRT勉強会

プロ向けのDRT勉強会も、ご要望に応じて開催します。

私は日本DRT協会公認のマスターインストラクターです。先生のお悩みに合わせてサポートできます。

脱サラ治療家歴16年、着実な「起業&治療院経営サポート」

現在では、いわゆる治療院があふれ、赤字ギリギリの院が少なくないのが現実です。

もし国家資格が欲しいとなれば、3年間という時間と500万円ほどの学費や経費が必要です。

そこまでして柔道整復師という国家資格を手に入れたとしても、安泰というわけではありません。

独立してやっていけるようになるまでに、学ぶことは多々あります。

実際、学校を出ただけで整体の現場に立てるほど甘くはありません。大手の院に就職し、腕を磨くとともに経営を学び、独立するには早くて5〜6年はかかると言われています。

その間に、柔道整復師の倍ほどの人数の理学療法士が生まれ、同じ治療院業界に多数が参入してきます。

であれば、できるだけ早く現場に立って、試験に合格するためだけの知識を学ぶための投資より、最初から実戦で使える技術を学び、副業でスタートして経験を積む方が、よほど効率的だと思いませんか?

私は2005年に「足もみ」で起業しました。業界で丁稚に行ったこともなく、なかまとグループで治療院をしたこともありません。

一匹オオカミでここまでやって来ましたが、いつのまにか医師や看護師さんたちが通院して来るようになりました。

この間、国家資格者がリストラされ、廃業して行くのを見てきました。

健康に関わる仕事はたくさんあります。その中でも「足もみ」や「整体」は、特別な仕事だと感じています。

なぜなら、クライアントの体に直接ふれるからです。それはたんに接触するだけでなく、こちらのメンタルがモロに伝わっていくのです。

症状が消えて、不安が消えて、健康になって、心からの笑顔と感謝の言葉をいただけるのです。これほどやりがいのある楽しい仕事は、そう多くはないんじゃないかなと思います。

当院HPに掲載している「お客さまの声」から、その喜びをご想像いただけるかも知れません。

 

私は、明るく・楽しく・親切・ていねいにサポートさせていただきますので、いっしょに楽しみながら成長しませんか?

今の状況でできることから、お伝えして行きます。

ムダのないスキル、起業さえできてしまう本物のスキルを身に着けていただけるよう、心をこめてサポートいたします。

自己紹介

和歌山県岩出市「まごころ整体院うめはら」院長として現場にたちながら、院経営をしています。

日本足癒道協会の代表として、「日本足癒道」「足もみスキャン」の普及に努めています。(「日本足癒道」「足もみスキャン」は商標登録です)

また、「足もみ」などのセミナーを開催したり、治療院の起業や経営サポートをしています。

お尋ねになりたいことがありましたら、LINEでご遠慮なくどうぞ。「LIEN予約」のボタンを押してください。

(資格) 日本DRT協会マスターインストラクター、国際治療協会(松栄セラピー)シルバーjrマスター、日本健康機構 緩消法インストラクター、紀心骨法師、中国足心道療術士、足心整体師ほか多数。

開催日時など

セミナーは随時開催していますので、LINEからお問合せください。

技術以外のサポートもおまかせください。月の売上を3桁で安定させたい先生、スポットでコンサルを受けたい先生のために、1:1で丁寧にサポートさせていただきます。

もちろんプライバシーは守りますので、どうぞ安心してお問い合わせください。

経営サポートは基本的にネットを用い遠隔で行います。費用も抑えられますし、私にとっては時間を節約できるので助かります。

サポートは全額返金保障

私のサポートの特徴は「結果」にコミットしていることです。これは、「結果がでなければサポート料を全額返金します」という意味です。

先生が望む結果を出せない場合は全額返金します。つまり、私がリスクをもちますから、先生はリスクゼロ。

いっぽう、私は1円にもならない可能性があります。

なぜこのようなことをしているのかと言えば、過去に出会った二人の先生みたいにはなりたくないからです。「私はそのような先生たちにたいにはなりたくない!」のです。ご説明しましょう。

(事例1)半年100万円以上のコンサルを受けていたことがあります。内容は、①チャットワークでの相談無制限と、②skypeでの月一回のコンサルでした。すごく期待していたのですが、skypeは1回わずか15分、内容は当たり障りない会話だけ。それで毎月20万円を要求されたので、「私はATMではない!」と感じました。

(事例2)ある技術セミナーでのことです。沖縄から参加された整体師は、昼食時間以外は休まず10時間ほど立ちっぱなしで練習したのに不合格でした。確かに「自己責任」なのは分かりますが、セミナー講師の態度にいらだちを覚えました。「真剣に指導してあげていない」と感じたのです。

もしこのコンサルやセミナー講師が、結果にコミットしていたなら、目的を達成できなかった際の全額保証をつけていたら、もっと親身に、もっと真剣に教えたことでしょう。

私は他にもいろいろな塾に参加してきました。そのおかげで、いろんな講師とお会いしてきました。共通しているのは、多くのコンサル・塾・スクールは、参加者が100%リスクを背負うということです。

つまり、受ける側が目標を達成できるかどうかに関わらず、高額のフィーを請求されるということです。内容によりますが、治療院関係のフィーは1回10万円ほどからです。

高いと思いますか?

確かに、サラリーマンの月収を基準に考えると高く感じても無理ないでしょう。消費材はできるだけ安い方が良いのです。

では、視点を少し変えて、考えてみてください。

コンサル受けた結果、もし月50万円利益が増えたらどうでしょう?

そう、1か月もかからず元が取れますよね。

もちろん、やり続ければ利益が積みあがります。もし10か月続けたら利益は500万円になります。

50万円の初期投資が、たった1年以内に10倍にもなるんだったらすごく安くないですか?年利1000%の預金みたいなものです。

事業主は、個人であれ法人であれ、常にこのようなものの考え方をしています。

サラリーマンは収入が決まっているので「どれだけ消費するか?」にフォーカスするのに対して、個人事業主は「その投資がどれだけの利益をもたらすか?」にフォーカスするわけです。

もしあなたが起業前でしたら、この考え方は絶対に身につけてください。基本中の基本です。

とはいえ、「リスクは100%受講者側が支払う」というのはどうでしょう?

ある先生によると「お金を取ってあげないと真剣にならない」と聞きます。確かにそうですね。私も追い込まれないとやらないタチです。「全額返金保証」はぬるすぎですね、それだけでは。

「全額返金保障付」などというコンサル、見たことありますか?

もちろん、私にも家族がいますから、慈善事業ではできません。

時間も労力もかかる分、施術枠を削っています。

ですから、真剣でない先生にお付き合いする余裕はありません。軽い気持ちで「お試し」いただける機会を提供するものではありません。もしも「ダメ元」という気持ちでスタートしたら、目標を達成できないことは明白です。

昔の私のように、売り上げカツカツで困ってる先生方が少なくないので、少しでもお力になりたくてサポートを始めました。

私にも、とてつもなく苦しい時期がありました。その時期のセミナー代や旅費は、とても大きな壁でした。

それでも、20万円のセミナーだって、学んだことを実行して、毎月20万円の売り上げがたつのなら安い投資だと思いました。

これは、個人事業主として当たり前の考え方なのです。個人事業主の収入に上限はないからです。(もちろん、下限もありません)

業界のそのような状況を見て、私は考えました。そして、「目標を達成できなかったクライアントには全額返金する」と決めました。そのかわり、覚悟を決めた方でなければ、コンサルをお受けできません。お力になれるタイミングではないのでしょう。

しかし、もし覚悟を決めて目標に向かって突き進むのでしたら、喜んでサポートさせていただきます。そして、先生ご自身が毎月3桁キープできるようになったら、今度は他の先生方をサポートしてあげていただきたいのです。

今や、コンビニより多い治療院業界。柔整は毎年1万人ほど生まれ、リハビリの先生たち(給与所得者)が独立開業し、雨後の筍のような勢いで治療院の新規出店が広がり、いっぽうでは広告や保険の締め付けが厳しくなり整骨院・接骨院が摘発され追徴課税が課されています。

厳しい状況のなか、腕のある心優しい先生が、頭でっかちな若い先生方に倒されて行くのは看過できません。

私は、ここ3年ほどで技術・経営・心理系セミナーに1,000万円以上は投資してきました。自己研鑽するためにです。

それだけのクライアントさんからお金をいただいたおかげで、学べたのです。

自転車操業の経営から、幸い軌道に乗ることができました。

もし手元に資金をプールしたり、遊びにじゃんじゃん使ったりしていたなら、このような良い循環は生まれなかっただろうと思います。

なので、先生も毎月3桁売り上げ続けられるようになったら、月50万もいかないような先生方を助けてあげていただきたいのです。

元気で何度でもやり直しの利く若い先生方よりも、せっかく独立して長年頑張ってきたのに閉院を余儀なくされ、チェーン店の若い子といっしょに安月給で雇用されるような目に遭わないよう、頑張っている先生方をサポートさせていただきたいのです。

ご立派なのに経営が苦しい先生はたくさんいらっしゃいます。その方々をサポートするのに私一人の力ではとても足りません。ですから、一日も早く毎月3桁は売り上げるようになり、どうかお力添えください。

やるべきことは山ほどありますが、一緒に治療院業界を変えて行きませんか?

治療院業界には流派のしがらみがあり、自分の現状をコクるのは難しいでしょう。ですから、だれにも分からないように個人的にサポートしますので、一緒に笑顔になりましょうよ。私は流派の争いやしがらみが大嫌いです。どの流派の先生であれ、ニュートラルで受け入れ大歓迎致します。先生の勇気あるお問い合わせを、心からお待ちしています。