当院がめざす「健康」って何?

あなたが求める「健康」って、どのようなものですか?

「とりあえず痛みがない」状態ですか?

「痛みがない」=「健康」ですか?

「痛みがない」=「健康」

↑ 本当ですか?

例えば、背骨の中にある中枢神経をハサミで切ったとしましょう。

考えただけで「痛そう!!」に思えませんか?

実は、痛みなどないのです。

なぜなら、中枢神経は痛みを感じることが出来ないのです。

「痛みが無ければ大丈夫」←まちがい!

自覚症状をまったく信頼するのは危険です。

「痛みがないから大丈夫」ではないのです!

「手遅れ」・・・何度も聞いたことがあるでしょう?

中枢神経だけでなく、大腸だって肝臓だって痛みがありません。

逆に、本当は痛みを感じるはずの足を複雑骨折しても、脳に問題があれば痛みは感じないのです。

酔っぱらって転んでも痛くないでしょ(笑)

「痛みがない」のと「完治」とは別

手術の麻酔にせよ、痛み止め薬にせよ、痛くてどうしようもない時には実にありがたいものです。

効力を発揮している間は、「痛み」が無くなるのですから。

痛みを感じる器官である脳をだましてくれるのです。

「痛みがなければ完治した」とは言い切れないですよね。まだ手術中だったり、皮膚を縫い合わせている途中かもしれません。

実は悪いのに「悪いと感じない」事例

私たちが知覚しないところで、がん細胞は毎日5,000~10,000生まれると言われます。もちろん、そのほとんどを免疫機構が破壊してくれます。それでも、中には免疫機構の攻撃網をかいくぐり、生き延びるがん細胞がいます。

近年、医療機器の発達は目覚ましく、ごく初期の小さながんでさえ発見できるようになりました。おかげで、(皮肉にも)がん患者の人口比率は世界でもトップです。

逆に、「気づいた時には手遅れだった」という方が少なくないのも事実です。あなたの身近にもいらっしゃるもしれませね。

ここから学べる教訓は、「悪いと感じないから問題ないと考えるのは危険」だということです。

であれば、早め早めの検査を受ける方が安全なのですが、異常が見つかってからでなければ健康保険が適用されないので10割負担(つまり自費)です。

すっきり目ざめ、「さぁ、今日も頑張るぞ!」・・・当院が目指す健康

ですから当院は、「自覚がないからもう大丈夫でしょう」と終わりにすることはお勧めしていません。そうでなく、症状を自覚する前から手を打つ、現れた症状の奥にあるもの、原因や要因を探って取り除くことで「痛み」などの「不具合」がでないようにします。

その場限りの「リラクゼーション」でも、「痛み取り屋さん」でもありません。

手術と同じで「体の負担を少なくするための高い技術力」を求める方のための院です。

さらに、不快な症状がなくなるだけでなく、すっきり目ざめ「さぁ、今日も頑張るぞ!」と言える健康を手に入れていただきたい、その思いで日々施術さえていただいております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加