スタッフ紹介

院長 梅原 達弘

院長 梅原 達弘

出身
1962年、大阪府河内長野市生まれ
学歴
中央大学文学部教育学卒。
職歴
脱サラし、2006年に和歌山県岩出市に整体院を開業。
好きなこと
自然。天然もの。明るく楽しいこと
趣味
写真。人間力を磨くこと。いろんな手技を学ぶこと。
したいこと
夢を達成するための健康サポート
身体系の資格
日本DRT協会認定マスターインストラクター、国際治療協会ブロンズマスター、緩消法インストラクター、足心整体施術師39号、中国足心道療術師699号、紀心骨法施術師など。
心身系の資格
溝口式分析学 心理カウンセラーC-1535号、バイオリズムコーディネーターB-1491号、ポテンシャルアナライザーp-1387号

「(施術の)途中ですけど…開業されたいきさつを教えていただけますか?」

「(施術の)途中ですけど…開業されたいきさつを教えていただけますか?」

「めっちゃ長いですけど(笑)

「39才で ひどい「坐骨神経痛」になりました。私の場合は痛くて座れず、一日中立って仕事してました。

「通勤は車のシートを寝かせて横になり、嫁に送り迎えしてもらいました。

「風呂はシャワーで大丈夫だったのですが、トイレがとにかく死ぬ思いでした。ギックリ腰やった経験のある方なら、たぶん想像つくと思うのですが。

「坐骨神経痛っていうと、「普通はブロック注射うたれて、だめなら手術」っていうほど、かなり痛いものです。チクチクでなく、重くてキツい痛みです。

「整形外科もダメ。整骨院もダメ。3か月たっても、ぜんぜん良くならない。もう治らんのか…思いました。

「それを奇跡的に1発で解消してくれたのが、足もみでした。ある流派の開祖が札幌で治療していると聞いて、その先生にかけてみることにしました。

痛み止めガバガバ飲んで、関空から札幌まで飛んで行ったんですよ(笑)。もちろん不安いっぱいで、、、「ここがダメならもう思い当たる治療院がない」。当たりかハズレか分からんけど、とにかくもう必死で。

いざ門をたたいて施術を受けたら、なんとたった40分、足を揉んでもらっただけで、綺麗さっぱり無くなったんです。

「『これはスゴイ!』と思いました。

しかも、ぶり返しなしですよ。

ありえませんやん。どこの整体、整骨いっても普通はぶり返すし、へたな整形外科いったら「一生もんやから、長い目で見いや」なんて言われてしまいます(笑)。

それが1発で、ぶり返しなし!

「医者よりすごい!」と、本気で思いました。

これが原点です。

思い立ったらすぐ行動するタイプです。施術してくださった直江敏男先生から手ほどきしていただいて、開業することになりました。

立派な先生に出会えたことが、とにかくラッキーだったと思っています。

「先生は足もみ ご専門ですか?」

「先生は足もみ ご専門ですか?」

「駆け出しのころはそうでしたね。

「『100人(の足を)もんだら一人前』と師匠から言われてましたから、とにかく無我夢中で足もみで一人前になろうとしました。

その後、人体についてすごく興味わいてきて、独学したりセミナーに出たりしていろんな整体法やカウンセリング術などを学びました。今でも毎年、売上の半分くらい使ってしまいます。だから貧乏なんですけど、楽しくて仕方ないんです。

今では足もみと整体を自由に組み合わせてやってます。

もともと枠にとらわれるのが嫌いで、派閥争いが嫌い。どの流儀が上とか下とか、どちらでもいいじゃないですか。ようは不調が消えて根本から元気になっていただくのが使命なのですから。

足もみも整体も、良いとこ取りして、組み合わせて使います。

「足もみは、あまりされてないんですか?」

「足もみは、あまりされてないんですか?」

「そうでもありませんよ。足もみを受けに来てくださる方は多いですし、何年もファンになってくださってますね。

「独特の爽快感や、(毎回全身の状態をスキャンしてもらってる』という安心感がありますから。

「必要に応じて用いますね。

「どういうことですか?」

「どういうことですか?」

「ホルモン系や婦人科系なら「足もみ」がダントツに効果的です。

「また、自律神経系や内臓も足もみでアプローチします。

「これらは整体でも対応できはしますが、足もみの方がはるかに効果的なことが多いです。

筋骨格系なら、整体が早いですね。

「あと、足もみはもう一つの使い方があって、悪いところを探せるんですよ。

「どういうことですか!?」

「どういうことですか!?」

「はい。お体の状態をまず伺って、

「内臓・頭・リンパ・ホルモンなどを調べる必要があると思う時には、『足もみ』を使うんです。

「黙っていても、あるいは自覚なくても、足もみで体をスキャンすれば、どこが不調か分かるんですよ。

「この足もみと整体の両方ができる整体師って、日本では数えるほどしかいないです。

「先生の整体ってどういうものですか?」

「先生の整体ってどういうものですか?」

「現在、メインで使うのは姿勢矯正のための整体です。これは、ほとんどの症状にかなり効果的です。

「また、背骨をゆらす整体も使います。特に自律神経系に効果を発揮します。

「もう一つは、筋力アップや筋肉を弛緩する整体法で、何されてるか分からないほど優しい刺激なのに効果バツグンです。

「もう一つは指圧のような整体で、ゆっくりじっくりピンポイントで筋肉をほぐしていく整体です。

「他にもいろいろあるのですが、この4つを主に使います。

「どんな思いで施術されてるのですか?」

「どんな思いで施術されてるのですか?」

「薬って症状を感じなくするだけでしょ?

「火災報知器を止めるだけ」と考えています。つまり、火が消えてないのに、火事が治まったかのように誤解させてしまう。

「薬で症状をおさえている間に自己治癒力で治るのを期待して投薬するのですが、薬が治すわけではないのです。

「その結果、治らなくて困ってる方がたくさんいらっしゃるのです。

「病院しか知らない方は行き先がなく、何年間も通院されるそうです。病院勤務の友達がたくさんいますのでね。いくらでも情報が入って来ます。

「私も3ヶ月ほど通いましたが、痛み止めと湿布を出してくれるだけで、積極的な治療はしていただけず、1ミリも改善しなかったので、よく分かります。

「当院に来てくださる方は、たんに痛みをごまかし感じなくするのでなく、原因がなくなることにより痛みが解消し、再発しにくいお体を手に入れていただきたいと思っています。

さわやかに目ざめ、『今日も頑張ろう!』と思えるお体になっていただきたいです。

「苦しくて来院された方が、だんだん元気になって、活動的になって、笑顔いっぱいにな方になれたとき、本当に嬉しくて『この仕事してて本当に良かった!』と思えます。

そのために、日々 自然体で、まごころこめた最高の施術を心がけています。

「おひとりおひとりに真摯に向き合うセラピストでありたいですね。

さすが熱いですね~!!  私、体も楽になったし、今日はありがとうございました。

さすが熱いですね~!!  私、体も楽になったし、今日はありがとうございました。

「インタビュー以外でも、またいつでもお越しください。…よろしければこれどうぞ! 」

「先生、これ!?  レシートやないですか(笑)」

「遠慮なく受け取ってください、どうぞ。おだいじに !(^^)!」

梅原 美恵子

梅原 美恵子

出身
兵庫県神戸市
資格
中国足心道寮術師770号
趣味
園芸、インテリア、帽子、韓国ドラマ

院での役割

Q) どんなことをされているのですか?

A) まずは電話番です。そして庭の園芸ですね。ご来院くださる方々に少しでも明るい気持ちになっていただけるよう、草花の手入れをしています。また、インテリア関係も担当しています。日課としては、院内外の掃除と施術タオルの洗濯ですね。

Q) 私たちは院長先生と接するばかりですが、やはり施術以外でしなければならないことって多いのですね。

A) そうですね。施術はほとんど主人ですが、私も数人の方に足もみしています。施術室は静かでとても日当たりが良くいので、皆さんに明るい気持ちになっていただけると思います。