(坐骨神経)夜も眠れないほど痛く、休憩しないと歩けなかったのが、1ヶ月で全くなくなりました!

お客様写真

電車に乗ろうと駅の階段を駆け上ったところ、左側のお尻に違和感が出て、痛みが治まらなくなりました。整形外科に行くと「坐骨神経痛」とのことで、痛み止めと湿布をもらったのですが、お尻から太ももの後ろにかけて腰が曲がらないほど痛くなってしまいました。

それで、職場近くの整骨院で鍼と電気をすると少しマシになりました。

しかし、ある朝起きたら痛みがひどくなったため、別の病院で診てもらうと「椎間板ヘルニアになりかけ。坐骨神経痛」との診断でした。そこでは硬膜外ブロック注射を3回も受けました。今度こそ痛みが取れるかと期待したのですが、痛みはふくらはぎまで広がり、夜も眠れないほど痛くなりました。通勤も難儀し、何度も休憩しないと歩けないようになってしまいました。

それで、検索して梅原先生を見つけ、遅い時間でしたらすぐ診てもらいました。原因は「お尻の奥にある梨状筋が硬くなって神経を圧迫している」と、詳しく説明してくださいました。

穏やかな落ち着いた先生で、「良くなりますよ」と言ってもらい、「激痛で治らないのではないか」との不安な気持ちが楽になりました。

施術中は無駄な話はされませんし、ストレッチ方法も教えてもらいました。

はじめは翌日に痛みがぶり返したりして、すぐには変化が出ませんでしたが、6回目を終えたあたりから休憩することなく歩けるようになり、10回終えた頃にはすっかり楽になり、1ヵ月で痛みはまったく無くなりました。坐骨神経痛の痛みはくるぶしまで広がっていたので時間かかりましたが、もし軽いうちから梅原先生にみてもらえば早く回復していたかもしれません。

質問すると丁寧に答えてくれますし、自分では気づかない普段の姿勢や、歩くときの癖をアドバイスしてもらえてよかったです。先生に出会えたことに感謝です。デスクワークなので、また不調になる前に、定期的にメンテナンスしてもらおうと思います。

K.Kさま(50代女性、岩出市)

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

■先生からのメッセージ

1回目ご来院の際、けわしいお顔だったので、かなりひどい状態だとお見受けしました。仕事の行き帰りや休日に必ず時間をとり、きちんと通ってくださったので、短期間で元通りになれたのだと思います。お体を大事にされる姿勢と決意が、自己治癒力をじゅうぶんに発揮できることにつながったのでしょう。すばらしい笑顔とお喜びの声をいただきまして、とても嬉しいです。ありがとうございました。今後は健康貯金を積み立てて行かれるのですね。こころを込めて支援させていただきますので、よろしくお願いいたします。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

(股関節)「人工股関節を入れることになる」と言われました
(腰部脊柱管)手術せずにすみ、普通の生活ができるようになりました。 お客様写真
(坐骨神経)本当に魔法のようでした!