(腰部脊柱管・坐骨神経)10mしか歩けなかったが、かなりの時間歩いても痛みが生じなくなった

右足の膝から下に痛みが生じ、歩行が困難となった。病院に行くと「坐骨神経痛」と言われた。

最もひどいときには、5~10メートル歩くと、痛みのため休憩しなければならなかった。また、足の親指を中心に痺れが生じた。

最初の頃は週に2回程度施術を受け、少しずつ痛みが薄らぎ、1ヵ月が経過する頃には、足の親指に痺れが残るものの、歩行についてはかなりの時間歩いても痛みが生じなくなった

Y.Nさま(60代男性、かつらぎ町)

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

(股関節)「人工股関節を入れることになる」と言われました
(腰部脊柱管)手術せずにすみ、普通の生活ができるようになりました。 お客様写真
(坐骨神経)本当に魔法のようでした!