(月経)LOVE MYSELF 治して生きる!!

「足もみを受けると女性ホルモンのバランスが整う」と聞き、足もみを受けさせていただきました。

私の病名はPMDD(月経前不快気分障害)と言うもので女性特有の病です。まだ日本での認知度はそれほど高くなく、生理のある女性のわずか2%ほどの女性にしか発症しないそうです。

どのような病気かと言うと、生理の始まる10日から14日前から、気分がすぐれなくなり、社会的に生活ができなくなるほど感情の波が激しくなり、「この世から消えてなくなりたい」また社会や人への怒りの念などに支配され、普段では考えることのないような行動をとってしまいます。それが早く始まる人は生理の始まる日まで、長い人で整理が終わる頃まで続きます。海外では期間限定の特殊な「うつ病」としても認められています。

この病名にたどり着くまで、10年以上かかりました。お医者様ですら知らなかったり、理解してもらえず中傷的な言葉を言われたこともありました。この病気は女性自身なかなか気づきにくく、「自分の考え方や性格が悪い」と自分をただただ責め続けている人も中にはいるのではないかと思っています。私自身もそうでした。

それから、病名を知ってからはサプリ・漢方薬・ピルなどPMDDが治るかもしれないと言うものをたくさん食べしました。けれど、どれも私には劇的変化を与えてくれるものではありませんでした。ピルに至っては悪化した気がします。

それから、こちらの足もみの話を聞き、「なんとか治してもらえないか」と思い受けに行きました。2カ月間施術をしていただきました。足もみは初めての体験だったのですが、何とも言えない感覚でした。不調のあるところは押されると痛み、なんともないところは全く痛みを感じません。なので、自覚のあるところはもちろん、自覚がない内臓の疲れているところがわかる事は感動でした。そして女性ホルモンの深く関わる部分はとても痛かったです(我慢できるほどの痛さにですが)

2ヶ月通って驚いた事は、1ヵ月目はやはり PMDDはいつも通り発症しましたが、2ヶ月目は周期の中で鬱の状態ではない日が現れてきたことです。また、足もみを受けると体も軽くなったような気がするのです。これは1ヵ月の中で半月以上「いつおかしくなるのだろう」と、ビクビクしながら暮らしていた私にとっては、本当に驚きの効果でした

もし女性の方で周期的に人が変わったように感情自分でコントロールできず、誰にも相談することができず苦しんでいる方がいらっしゃれば、ぜひ梅原先生の足もみを受けてみてください。どんなことも親身になってお話を聞いてくださいます。ひとりで苦しまないでほしいです。

30代女性

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声