認知症

認知症の母が、なぜ?以前の母にもどれたか

認知症の母が、なぜ?以前の母にもどれたか

こんな「認知症」の症状でお悩みではありませんか?

  • 今切った電話相手を思い出せない
  • 「財布、通帳、衣類などを盗まれた」と言ってきかない
  • 料理などで同じ動作を繰り返す
  • 一日じゅう寝ている
  • 怒りっぽくなった
  • 趣味にも興味を示さなくなった
  • 「もの忘れ外来」の薬、きちんと飲んでるのに悪化するばかりで不安
  • 出来るだけ自宅でみたいけど、どうすればいいのか分からない。

つらいですよね。

でも、どうぞご安心ください。あなたのご家族と同じ「認知症」や「認知症に似た症状」でお悩みだった方々が、当院の施術で改善されております。

まずは当院で「認知症」の症状が改善された喜びの声をごらんください。

(認知症)久しぶりに母の笑顔を見ることができました

お客様写真

母は平成26年4月に大腸がんの手術後、認知症を発病しました。平成28年1月には実弟が他界、さらに認知症が進行、うつ病かと思えるぐらい、無気力、体力・食欲低下、極度の脱水症状、一日中ベッドの中、そんな日が続き、緊急入院の必要があろうかと思った。

そのような時、いつもお世話になっているご近所のナースの方から教えていただき、最後の手段と思い、うめはら先生にお世話になりました。

自宅から車で片道40分くらいの距離、車中も車の後部座席で体を横にしたままの移動、もちろん会話もできません。

初回の施術後、帰路途中トイレ休憩の時、「足、軽なって歩きやすい」とうれしそうに足を高くあげて歩きました。久しぶりに母の笑顔を見ることができました。私自身、1回の施術でこんなに回復するなんて半信半疑でした。

少しずつ少しずつ回復し、体力もついて、最近は調子のいい日は食後の片づけや洗濯物を取りそろえるなど、今までできなかったことを積極的に手伝ってくれるようになりました。

7月24日(日)、17回目の通院。私自身、夏の疲れも出ているのか、休ませてもらおうと思いましたが、母はいつものようにバッグにペットボトルなどを入れ、準備している。

母は施術を受けながら、私はうめはら先生と奥様と雑談…落ち着いた空気の中、その時間は私自身も元気にしてくれますまた明日から頑張れる気持ちにしてくれます

いつも帰り道は感謝の気持ちになります。「今日も来れてよかった」何度も「ありがとう」の言葉が出てきます。母にも「来てよかったなぁ」と言うと、「うん、ありがとう」の言葉がかえってきます。

西本 昭子さま(80代) K.Kさま(文) 橋本市

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

(頭のキリ、肩こり)すっきり晴れの日が続いています

お客様写真

肩こりは徐々に軽くなり、つらい症状は少なくなりました。何よりも頭に霧がかかった様なつらいだるさが消えすっきり晴れの日が続いています

T.Iさま(74歳) 岩出市

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

いかがですか?

きっと、あなたのご家族の症状もこの方たちと同じように改善に向かいますよ。

 

当院では、認知症に特化した「足もみ」をしています。

そもそも認知症とはどのような症状なのか?

単なるもの忘れでなく、脳細胞が死んだり働きが悪くなったために、さまざまな障害が起こり、生活に支障が出ている状態を指します。

「認知症」は病名ではなく、まだ病名が決まっていない“症候群”です。「症候群」ということは、医学的にはまだ診断が決められず、原因もはっきりしていない状態だということです。

ですから、病院でできるのは、症状を軽くする対症療法で、残念ながら原因を取り除く根治療法はまだありません。

ただの「もの忘れ」との違い

年齢とともに誰でも「もの忘れ」が増えるものです。

例えば、今日の昼に何食べたかを忘れる。それでも、もし一緒に食べた人から教えてもらって、「あっ、そうそう!」と思い出せるなら認知症とは考えにくいです。

しかし、教えられても思い出せないなら、認知症が疑われます。認知症は老化とは異なり脳が障害を受けたため、ついさっき体験したのに記憶からすっぽり抜け落ちる病気です。

他にも、物事をうまく判断できなくなったり、料理の段取りがうまくできずに右往左往したり、日時を忘れたり、自分が今どこにいるのか?が分からなくなったりします。

認知症のタイプ

1、アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症は、脳の中に異常なタンパク質(アミロイドβ)が溜まり、神経細胞が壊れ、脳の萎縮が進むことが原因とされています。記憶を司る海馬という脳の部位が障害されやすいため、物忘れや時間や場所がわからないなどの見当識障害や、判断力・理解力の低下も初期から見られることがあります。認知症の原因疾患の中で最も多いタイプです。

 

2、レビー小体型認知症

脳血管性認知症は、脳梗塞や脳出血など、脳の血管に障害が起こり脳の機能が低下することが原因で発症します。発作が起きる度に症状が悪化する傾向にあります。

 

3、脳血管性認知症

脳血管性認知症は、脳梗塞や脳出血など、脳の血管に障害が起こり脳の機能が低下することが原因で発症します。発作が起きる度に症状が悪化する傾向にあります。

 

4、前頭側頭型認知症

前頭側頭型認知症は、大脳の前頭葉側頭葉という部位が萎縮することで発症します。ピック球という異常構造物が脳の神経細胞に溜まるタイプ、そしてTDP-43というタンパク質が溜まるタイプがあることが分かっています。

 

では、認知症はどのように進行するのでしょうか?

ここでは、アルツハイマー型認知症を例に挙げてご説明します。

アルツハイマー型認知症の段階

1、MCI(軽度認知障害)・・・認知症予備軍

  • もの忘れが増えたことを自覚できている
  • 予防対策を取れば、認知機能を維持・回復し、発症を防ぐことも期待できる

 

2、軽度認知症(日常生活ではほぼ介助不要)

  • 約束を忘れて思い出せない
  • 食事したことを忘れる
  • 時間や曜日がわからない
  • 同じものを何度も買う

3、中度認知症(日常的に介助が必要)

  • もの忘れが激しくなる
  • 住んでいる街でも迷子になる
  • 料理屋掃除ができなくなる
  • 夏なのにセーターを着たりする

4、高度認知症(常に介助が必要)

  • 家族の顔や人間関係を忘れる
  • 自分でトイレに行けない
  • 自宅にいても、どこか分からない
  • 簡単な指示を理解できない

病院などでの一般的な対処法

  • 薬物療法…認知症の薬は4種類
  • リハビリ療法…音楽、アニマル、回想、作業など

というものがあります。

ですが、なかなかこれでは改善していないのが実情です。

では、どうしてあなたのご家族の認知症は改善しないのでしょうか?

なぜなら、血流や代謝など体内の循環が機能低下しているからです

血流や代謝は、体が機能するために不可欠です。血流や代謝がストップすると死にます。でも、「少々低下しても平気でしょ?」と思いますか?

では、呼吸で考えてください。血流と同じで、止めれば死亡です。

「少々息苦しくったって平気」ではないですよね。ストレスになります。考える、動く、喋る、寝るにも、何をするのもつらいでしょう。

血流も代謝も同じことなのです。肺が酸素を欲しがっているのでなく、脳をはじめ全身が酸素を欲しがっているのです。

ですから、血流や代謝を始め体内の循環がうまくいかないことが根底にあると考えています。

そこから手当てすることで進行を遅らせることを期待できます。つまり、残っている機能は維持しながら、不安・妄想・不眠など日常生活の支障となる症状を軽減・改善することが目的となります。

症状を抑え、進行を遅らせることで、ご本人は穏やかに生活できますし、介護者の負担も軽減できます。

認知症について分かっていること

1、「脳のゴミ」

脳の老廃物「アミロイドβ」。このアミロイドβの“排出力の低下”がアルツハイマー病と関係がある、ということが解明されてきました。

 

2、「オキシトシン」

オキシトシン」には認知症の症状をピタリと止める働きがあり、認知症の徘徊が減ったり、血圧が下がるなど、計り知れない可能性があることが解明されてきました。

 

3、「コルチゾール」

長く続くストレスでコルチゾールが多量に分泌されると、脳の海馬で、神経細胞の突起を減少させます。海馬は、記憶と感情に関わる部位。損傷すると、認知症やうつ病につながるのです。

ではなぜ当院では認知症に対応することができるのか?

脳の働きを活性化させるには、①脳の老廃物を脳から外へ排出すること、②酸素や栄養などが脳までじゅうぶん届けられること、③脳に刺激を与えることが肝要だと考えられています。

当院の「足もみ」は、脳細胞が傷つけられるスピードを落とし、さらに元気な脳細胞を活性化させることを狙って施術します。

1、血流が増す

(脳神経を傷つける)老廃物を脳から回収するのは血流とリンパです。また、(傷ついてない脳細胞が必要とする)酸素や栄養などを脳へ届けるのも血流とリンパです。「足もみ」は、血流を速く、リンパ流をスムーズにします。

頭部への血流やリンパ流が改善していれば、酸素や栄養などが届き、老廃物を減らせるのです。

2、反射区を通して脳の各部位を刺激し活性化する

西洋医学が発見した反射区、それをもとに西洋医学で確立された反射療法、日本でも「リフレクソロジー」という外来語がありますね。イギリスでは通常の保険医療に組み込まれています。

リフレクソロジーは、残念ながら日本では保険適用されませんが、世界基準であるWHOは、世界人口の半数以上が民間療法で治癒している現状を認めています。

3、癒しホルモン「オキシトシン」の分泌を促す

やさしい「足もみ」でオキシトシンの分泌を促します。

4、ストレスホルモン「コルチゾール」の分泌をおさえる

当院の「足もみ」は、独特の心地よさを味わえて、認知症からくるストレスを忘れる体験をしていただけるよう工夫しています。

週にたった30分弱、腰掛けて、目をつぶって、すべてを忘れて、ストレスを発散していただくことができます。

その結果、認知症にお悩みの方を改善に向かうお手伝いをさせていただくことができました。

施術のながれ

1. カウンセリングシートの記入

まず、カルテに症状によってお困りのこと、今までどんな病気を経験したかなど、お体について記入していただきます。

自由欄もありますから、気になることも遠慮なくご記入ください。その後、カウンセリングでくわしくお話を伺います。

2.カウンセリング

記入してただいたシートをもとに、カウンセリングを行ないます。

現在の症状、それによってどのような支障を来しているのか、いつまでに症状をなくしたいかなど、今の状態とお気持ちについてお話ください。

当院は、カウンセリングによって、あなたと同じゴールを目指すことを重視しています。

3. 検査

現在のお体の状態を把握して行きます。

症状がある部位だけでなく、全身の検査をさせていただきます。

これによって症状の原因はもちろん、症状や状態のレベルはどれくらいか?、あなたの体のクセや体の使い方などを把握して行きます。

そして、検査結果をもとに、不調の根本原因と、最適な施術プランをご説明します。

4.状態の説明

お体の状態がどうなっているのかを、わかりやすくご説明します。

原因はもちろん、どの程度のものか?・放置するとどうなるか?・どれくらいで症状が良くなる見込みか?など、ていねいに説明するよう心がけています。

不安なことや疑問なことがあれば、お気軽にお尋ねください。

5. 施術

実際の施術に入ります。

整体 … ボキボキ・ゴリゴリしない優しい整体ですが、リラクゼーションにならないよう集中して行います。

足もみ … 両足の膝にある反射区(つぼのようなもの)を押圧します。

※ 整体だけ、足もみだけ、整体と足もみを組合わせる場合があります。最善の結果を得るアプローチを取ります。

4.レクチャー

施術終了後に良い状態をキープするためのセルフケアや、生活上の注意点などをご説明します。

5. ご予約の確認

次回のご予約の日時を確認します。

6 お会計

レシートを必ず発行いたします。

医師や世界のトップアスリートたちが絶賛する整体開発者(手ほどきして下さった師匠)から、推薦いただいております

松江セラピー開発者

国際治療リハビリテーション研究所

松栄勲先生

 

本当に尊敬できる技術と人間性を持っているのが、梅原先生です。

 

DRT認定マスターインストラクター

DRT開発者

お茶の水カイロプラクティック

上原宏先生

 

自信を持って推薦できる、優れたDRTテクニックを持っている先生です。

 

クチコミサイト1位の理由とは?

全身まるッと整えるので、あちこち行かなくてすむ

部位やテクニックごとに料金が積み上がることはありません。

たとえば、、、

  • 骨盤矯正
  • 猫背矯正
  • 姿勢矯正
  • 内臓の調整
  • 頭部の調整
  • O脚矯正

などをいちいち選んだり、費用が加算される心配はありません。

あなたに必要なものはすべてコミにしています。

あなたにピッタリのプランを立て、それに従って必要な施術をすべてコミにしたメニューです。

快復までに施術内容は変化しますが、料金は均一なので安心です。

財布の中身を考えながらメニューを選ぶ必要なんてありません。

毎回、最善の施術を受けることができます。

 

ワンストップで負担が少ない全身検査

  • 何科へ行けばいいかわからなくて、迷ってるうちに悪化してきた
  • 病院検査は1日がかりで、そんな時間とれない
  • ワンストップで検査をすませたい

検査も施術もワンストップで終われば、大助かりですよね?

当院では、

  • 筋肉
  • 骨格
  • ホルモン
  • 自律神経
  • メンタル

↑↑↑  ワンストップですべてをスキャンできます。何時間も、何回も検査に行く必要はありません。

根本原因に対処するので、再発しにくくなる

当院では、

  1. 動きや姿勢
  2. 脳・内臓・リンパ・ホルモン・神経・筋肉

を検査して、根本原因をはっきりさせてから、それを解消するよう働きかけます。

「いくら気持ち良くても、戻っちゃうのはイヤ!」という方は、どうぞお越しください。

自己治癒力をあげるので、故障しにくくなる

施術効果に関するエビデンスは、(世界中を探しても)長くて2〜3日です。超一流の施術を受けても、効果が持続する時間で、証明されているのは3日間以下です。

施術効果が残っているうちに積み上げていくことで、自己治癒力で健康を保てる(再発しづらい)体になれます。

もうマッサージなどに通う必要もなくなるのです。

  • 寝ればなおる体
  • 不調になりにくい体

こうなっていただくために、施術しています。

プロもメンテナンスに通う技術力で安心!

当院の施術は、昔ながらのていねいな施術と 最新の効果的な整体法を組み合わせています。その結果、あなたにピッタリの施術ができるのです。

病院関係者など、他の人々の健康をサポートするプロたちがメンテナンスに通う整体院ですどうぞ安心してお越しください。

土日や祝日も営業しているので通いやすい!

仕事帰りにも通いやすいと評判!

(土)(日)(祝)も 朝9時〜昼1時、夕方5時〜夜9時まで営業しています。

また、施術は短い時間で終わりますから、家事や仕事を休まなくても通えます。

痛くない施術で安心♪

  • バキバキするのは怖い
  • ボキボキされるのは事故が心配
  • ゴリゴリされて筋肉痛になるのはイヤ

当院は基本的に「ゆっくり、静かに、やさしい整体なので安心です。

副交感神経を優位にすることで、体が修復モードに入ります。

慣れた方は、短い施術時間でスヤスヤお休みになり、それを繰り返すうちに症状が消えていくため、「なんで良くなったの?」と驚かれます。

個室、完全予約制でプライバシーも安心!

当院は施術ベッドと椅子1つの、こじんまりした整体院です。施術は毎回あなただけですから、まわりの目を気にする必要がありません

特に、症状などのヒアリングの際には、他の方々の耳が気になりますよね。

どうぞご安心ください。ご予約いただいた時間、他の人たちはいません。ですから、どんなプライベートな質問でも遠慮なくできます。「たくさんのベッドが並んでるところは落ち着かないからイヤ」な方に、ぴったりの整体院です。

もちろん施術も、院長自身がお一人お一人責任もってていねいに行います。女性スタッフは隣で受付・助手していますので、女性の方も安心してご来院ください。

わかりやすい説明に納得!

  • 「老化」と言われ、ガッカリした。。。
  • 「ストレス」と言われ、「やっぱり」と思った。。。
  • 「異常ありません」と言われ、腹が立った。。。
  • 「はっきり説明してくれない」

当院では、あなたの根本原因や、それを解消する方法について、ていねいに説明いたします。

模型やiPadをフル活用し、見て分かりやすい説明が評判です。

初回ご来院時に全身をお調べすることで、不調の根本原因をみつけることができます。

明朗会計なので安心!

  • 領収書もレシートもくれない
  • ベッド代や指名料で、広告の料金と違った
  • 高価な枕や布団を勧められ、断れなかった
  • 高額なコースを勧められて断れなくなった

当院は、施術部位、担当者、所要時間などによって料金が積みあがることはありません

また、当院は税務署に対しても正直営業で、堂々とレシートをお渡ししています。

はじめまして!

はじめまして、「まごころ整体院うめはら」院長の梅原達弘(うめはらたつひろ)と申します。

当院は、頭痛・腰痛・自律神経失調・うつ・慢性疲労などを訴える方が多くご来院になる「足もみ」と「整体」を行っています。

この間、認知症の方や認知症と似た症状の方をお迎えして施術しながら、その方々への施術効果を高めるため、「足もみ」と「整体」を改良し続けてきました。

「お客様の声」をくださった方について少しご紹介します。

市内の病院で認知症と診断され、「もの忘れ外来に通院しているけれども症状が悪化するばかりで不安、今ではうつ病のようにさえなってしまった」とのことでした。

初めてのご来院時、とても緊張され、怖がって、会話もできない状態でした。施術をはじめたところ、足指に触れるだけで体全体でビクッとなり、思うように進みませんでした。初回は通常の3倍以上の時間をかけ、なでるように「足もみ」しました。

翌日、娘様からの弾んだ声の電話で、当日の帰り道からかなりの変化があったことを知りました。「足かるいよう! ほら」と言って足を高く上げて見せたそうです。また、「お腹すいた」と発言されたそうです。「もう3か月も口をきかなかったのに!!」と喜ばれていました。

当院までは車で片道1時間弱です。決して近くはないのに、毎週きっちり通ってくだいました。「足もみ」を始めて数か月、昨年までの不調をはっきり思い出せないほど変わられて、以前のお母様に戻って来られたようでした

また、「昨年と比べて体温も1度あがった」とのことで、本当にうれしい変化でした。少し前など「もともと母は認知症では無かったのではないかと思う」とまで仰ってました。そこまで変わるとは、正直なところ、一年前には予想もしていませんでした。

 

認知症ににた症状の方の場合

認知症以外の方では、認知症に似た症状の方のご来院は以前からありました。アンケートに答えてくださった方がいらっしゃいました。

2016年、「頭に霧がかかったみたい」との自覚がある方がお見えになりました。その方は認知症ではありませんが、その症状のためとても心配されていました。

毎週、足もみに通ってくださり、数か月後には毎日、晴れのようにスッキリした」とのご感想をいただきました。きっと、「将来どうなってしまうんだろう?」との不安もおありだったと思います。安心と安らぎを取り戻していただけたので、本当にうれしかったです。

改善した方々の共通点は?

このお二人の共通点は、雨の日も風の日も毎週毎週ご来院くださり、こつこつと足もみを続けたことです。

開業以来12年間、一貫して「薬には頼らず、自己治癒力を最大限引き出す」ための手技療法にこだまり、お身体の様々な不調の緩和・改善を目指して参りました。

※ 当院の足もみと整体に関する利用者さまの声は、別サイトに載せています。よろしければどうぞご覧ください ➡ お客さまの声を見に行く

おわりに

私が整体・足もみという「人の体」を扱う仕事をしていて一番モッタイナイと感じるのは、体のケアをおろそかにしているばかりに、年齢を重ねるごとに体の不調が進んでしまう方がいらっしゃることです。

 ご存知のとおり、認知症は30年ほどかけ少しづつ進行して発症するものです。「塵も積もれば山となる」という言葉が当てはまります。睡眠不足などで脳内に老廃物が少しずつ残り、脳細胞を侵し、気づいた時には・・・。

残念ながら、過去に戻ることはできません。ですから、いちど「認知症すっきり足もみ整体」を受けさせてあげていただけませんか? きっと、「もっと早く来ていればよかった!」「勇気をもってお願いしてみてよかった!」と喜んでいただけることでしょう。

 大切なご家族がどんどん楽になっていく変化を、間近でご覧になってください。きっと、「以前の様子」に戻ってくるでしょう。